眼鏡を調達してから合宿免許に行こう

運転免許を取得するときには適性検査が行われます。その項目の一つとして視力検査があり、条件を満たしていない場合には免許の取得ができません。視力を矯正している人は眼鏡を忘れずに持って行き、適性検査を受けましょう。

合宿免許に行くときには眼鏡を持っていくに越したことはありません。メガネが大切な理由を理解しておきましょう。

運転免許の取得に必要な視力とは

合宿免許では普通自動車や大型自動車などの免許を取得するための教習を受けることができます。視力は車を安全に運転するために欠かせないもので、免許の種類によってこれ以上の視力はなければ運転できないという基準が設けられています。

普通自動車の場合には両眼で0.7以上、片眼でそれぞれ0.3以上がなければなりません。ただし、片眼の視力が0.3未満の人や片眼が見えない人であっても、もう一つの眼の視野が左右150度以上あり、視力が0.7以上あれば免許を取得可能です。

大型免許では両眼で0.8以上、片眼でそれぞれ0.5以上といった形でより厳しい基準が設けられています。

現代ではこのような視力を持っている人が少なくなりました。しかし、この視力は裸眼のものである必要はなく、眼鏡やコンタクトレンズで矯正しても構いません。その場合には条件付きの免許になり、眼鏡等と免許証に記載されることになります。

眼鏡等と記載されている場合には裸眼では運転できないので注意しましょう。合宿免許を利用するときには、最初から最後まで視力を矯正している状態で教習を受けることになります。技能教習を受けるときには毎回視力矯正をしているかどうかを確認されるでしょう。

眼鏡を直してから教習に行こう

合宿免許に参加するときには予め眼科か眼鏡屋に行って眼鏡を直しておきましょう。合宿免許の会場に行ってから最初にやらなければならない手続きとして視力検査が含まれています。受付で必要書類の提出をした後、すぐに適性検査という形で視力を測るのが一般的です。

このときに矯正視力で教習を受けるときにはその旨を伝え、眼鏡かコンタクトレンズを着けて視力を確認することになります。視力が基準を満たしていないと入校することはできません。しばらく視力を測っていないという人は無料アプリなどを使って大まかに視力を確認し、余裕を持って基準をクリアできる状況で合宿に行くのが賢明です。

視力が基準を満たさないとどうなるのか

もし視力検査を受けて基準よりも低いということになったらどうなるのでしょうか。とりあえずその日からの入校はできないので、眼鏡を作り直してから再度入校を試みることになります。合宿免許の場合にはその日に入校する想定でスケジュールが組まれてしまっているため、原則としてその日の受付時間内に眼鏡を作って戻ってこなければなりません。

近隣に眼鏡屋があれば間に合う可能性もありますが、山奥の合宿免許などの場合にはその日のうちに眼鏡を調達するのは難しいでしょう。予め適切に直した眼鏡を準備しておくに越したことはないのです。もし受付に間に合わないとなると基本的にはキャンセル扱いになります。

当日キャンセルの場合の返金がどの程度かは教習所によって異なりますが、かなりの金額を支払わなければならないのが通例です。また、日程変更に応じてくれる教習所もありますが、空きがあるのが前提になるので何週間も先のことになってしまったり、都合の悪い日程のものしか選べなかったりすることもあります。

繁忙期の場合には他の合宿免許も満員になっている場合が多く、そのシーズンのうちに免許を取得するのは難しいかもしれません。このようなトラブルは眼鏡を忘れてしまったときにも起こり得ます。視力が両眼で0.7以上もなくても日常生活はできるので、運転するときだけ眼鏡をかけたいという人もいるでしょう。

当日、眼鏡を忘れてしまったら裸眼で教習を受けなければなりません。家に取りに帰れる距離なら良いですが、遠方で受けることが多いので当日のうちに入校するのは困難な場合が多いでしょう。眼鏡やコンタクトレンズを使っている人は最重要な持ち物の一つとしてリストアップしておくのが肝心です。

コンタクトレンズの人も眼鏡を持って行こう

コンタクトレンズを使っている人も、合宿免許に参加するときには眼鏡を持っていくと安心です。もともと使い分けをしている人は普段使いの眼鏡を持っていけば良いですが、コンタクトレンズしか持っていない人も安いもので良いので作って行くと良いでしょう。

コンタクトレンズの人が眼鏡を持って行くメリットは二つあります。一つ目はコンタクトレンズの紛失や破損の際にも教習を続けられることです。着けるときや外すときにコンタクトレンズを落としてしまった経験がある人もいるでしょう。

このような際にもワンデーのコンタクトレンズを十分に持っていけば大丈夫かもしれません。しかし、運転中にコンタクトレンズが外れてしまうケースもあります。慣れないうちは過度に眼を動かしてしまう人もいるからです。

普段とは違うことをするので想定外のトラブルが起こり得ると考えて眼鏡を持っておくと安心と言えます。二つ目はコンタクトレンズでの矯正が不十分だったときに眼鏡もかけられることです。矯正器具は一つに限定されるわけではないので、コンタクトレンズをして、さらに眼鏡をかけて視力検査を受けても問題はありません。

度が合っていないと逆効果になることもありますが、普段はコンタクトレンズ、運転のときにはもっとよく見えるように眼鏡をかけるというスタイルにして、教習前に眼鏡を作っておくのも良い考え方でしょう。

眼鏡の予備は必要か

トラブル対策と考えると眼鏡も予備を準備した方が良いと考える人もいるかもしれません。確かに合宿免許の二週間少々の間に割れてしまったり、紛失してしまったりするリスクもないわけではありません。合宿期間中には休みもある場合が多く、観光旅行に出かける人もしばしばいます。

その出先で紛失した場合などには探し出すのも難しく、教習の継続が難しくなる可能性もあります。合宿免許の合間にスキーやスノーボード、登山などの眼鏡の破損や紛失のリスクがある活動をしようとしている場合には予備があった方が良いでしょう。

それ以外の場合にはそれほど神経質になる必要はありません。教習そのものには眼鏡を失くしてしまうようなリスクはないからです。